妊娠期間中、ママの体はどう変化していく?

夫婦関係
新米パパ
新米パパ

妊娠するとママの体はどう変化していくんだろう?

 

 

妊娠期間中、ママの体はどう変化していく?

赤ちゃんの命が奥さんの胎内で育まれていることを想像してみたことがありますか?

 

妊娠中、奥さんはお腹に赤ちゃんを抱えて頑張っています。

パパになるあなたも、赤ちゃんの成長を奥さんと一緒に確認しましょう!

 

妊娠1~2か月

1か月目は、ママの自覚症状がほとんどありません。

 

2か月目で、生理の遅れからママが妊娠に気付くことがよくあります。

この頃からだるい、微熱がある、においに敏感になる、吐いてしまうといったつわり”の症状が出始めます。

 

妊娠3~4か月

つわりがピークの時期。

ママにとってつらい時期ですから、食べたいものを優先的に食べてかまいません。

 

産婦人科の超音波検査でみると、お腹の赤ちゃんは心臓の鼓動がかなりしっかりしてきたことがわかります。

 

妊娠4か月になると、子宮内で胎盤が完成します

胎盤とは、赤ちゃんとママの間で、酸素や栄養の交換を行うとても重要な器官です。

 

この頃、赤ちゃんはママのお腹の中で羊水を飲んだりおしっこしたりしています。

 

妊娠5~6か月

5か月頃になると、お腹のふくらみはかなり目立つようになります。

 

6か月頃になると、ママは胎動を感じることができます

この時期になるとつわりが終わり、体調が安定する安定期”に入ります

 

ママの体調がよければ、軽い有酸素運動をすると体によいです。

ただし、過度な運動は腰や背中に負担がかかって筋肉痛になったり、血行が悪くなることもあるので注意が必要!

 

妊娠7~8か月

この頃、赤ちゃんは羊水の中でくるくると泳ぎ回るようになります。

聴覚や視力が発達して、外の声がきこえたり、外からの強い光に反応するようになります。

 

この時期以降、お腹の赤ちゃんにたくさん話しかけてみましょう

 

ママのお腹に手を当てると、パパも胎動を感じることができます

 

妊娠9~10ヵ月

いよいよ出産間近です。

入院する際の持ち物をママと一緒に準備しておきましょう。

 

急に入院となった場合のシミュレーションもしておいてくださいね。

 

この時期、妊婦さんは大きなお腹を支えるために、足の付け根に負担がかかったり、お腹の張りを頻繁に感じることもあります。

 

10ヵ月目になると、赤ちゃんはいつ生まれても大丈夫なくらい成長しています。

 

そして、ママが「おしるし」と呼ばれる出産の兆候を示す出血があったり、陣痛が始まったら、出産のスタートです。

 

妊娠を分かち合おう!

昔から、妊娠期間は「十月十日」といわれるように、赤ちゃんは妊娠の約10ヵ月後に生まれます

 

赤ちゃんの成長を一緒に確認するんだ!という積極的な気持ちが伝わると、奥さんは幸せに思うことでしょう。

 

妊娠を奥さんと分かち合い、赤ちゃんと会える日を楽しみにしましょう!

コメント