良い親を演じるな!親子喧嘩は子どもがまっすぐ成長するための栄養素

教育

「父親の力 母親の力」

 

著者は河合隼雄さん

 

 

先生、理解のある両親を持つと、けっこう大変なんですよ
臨床心理学者である著者の河合さんは、ある少年にこう言われたそうです。

素直な感情のぶつかり合いがいかに大切であるか」がわかるお話を、本書から紹介させていただきます。

 

家族だからこそあるはずの感情のぶつかり合い

「父親の力 母親の力」の第5章「子どもにとっていい家庭とは?」から抜粋して紹介します。

 

普通の家庭の子が非行に走る

お小遣いはちゃんともらっている。
家で個室が与えられている。
家族そろってご飯を食べている。

そういう項目をあげると、ほとんどクリアしている至って普通の家庭。
そんな家庭からも非行に走る子はいます。

ではこの家庭に何が欠けていたかというと、それは家族だかこそあるはずの感情のぶつかり合い

今の親たちは形式的な平和を求めすぎているように感じます。
波風が立たない家にしようとするから、家庭内がどんどん人工的になっていく。

みんな静かに、表面上はうまいこといっているように見えますが、子どもとしては感情の揺さぶりがないのはまるで物足りない

「まあまあ」とか「いやいや」と、親から変に理解を持たれてしまうから、感情の高揚にふさわしい暴れ方ができないというわけです。

 

「普通の家庭の子が非行に走る」というのは、”外見的には普通である”家庭を指す。
波風が立たないように振る舞っている、形式的に平和なだけの家庭には、”普通の”家庭にあるはずの感情のぶつかり合いがない。

 

 

子どもは親の素直な感情を知りたがっている

ちょっと成績が悪かったら、怒るのではなく「塾にいきなさい」「家庭教師をつけましょう」と、こういう対応をする親が多くなりました。

心の中では「こんな成績ではだめ!」と思っている。
それでも変にものわかりのいい親を演じてしまうのです。

「なんなんだこの成績は!」と言ってやったら本当の親子になるのに、そこをぐっとこらえて「次に期待する」などと言っていたら、心がどんどん冷たくなります。

家の中でおかしな辛抱をすると、余計に裏目に出てしまうんです。

子どもは親の素直な感情を知りたがっているのに、それを隠してしまうから、お父さんお母さんのことがわからなくなります。

だから子どもは「本当は親はどう思っているんだろう?」と疑問を持って、それを試す意味で、おかしなことをしたりするようになるのです。

 

本音を隠すと、子どもは親のことがわからなくなる。
本当は親がどう思っているのかを試したくて、子どもはおかしな行動をとる。

 

 

良い親を演じなくていい

良い親を演じて本心を隠すと、かえって裏目に出ます。

お父さんお母さんがどう思っているのか、ちゃんと伝わっていれば、子どもはおかしな行動をとらないものなのかもしれません。

そのために必要なのは、本音で感情をぶつけ合うこと。
親子の言い争いは、子どもがまっすぐ成長するために必要な栄養なのですね。

コメント